ミズホ日記

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

夏も終わり、、

コンサート情報は→こちらです。(11月25日のコンサートについての詳細などいくつか更新しました。)
IMG_0691.jpg
 
皆様こんにちは、またお久しぶりのご報告となってしまいました。
6月のチューリッヒでのリサイタルから書けていませんでしたが、夏は夏休みコンサート、そして浜松でのリサイタルに始まり、その後ドイツ、スイス、イギリスと旅して人前でたくさん弾かせて頂きました。それぞれの本番での出会いは何にも代え難く、これからの音楽人生をますます豊かにしてくれるものとなりそうです。
また、プライベートで教えていた生徒がコンクールで一位を頂いたことも嬉しい出来事でした。
日本に帰って来てからは、東京音大付属高校の前期実技試験があり、生徒の最後の踏ん張り力を見せてもらいました。現役の学生のひたむきさに刺激をもらいながら、私自身も常に音楽にまっすぐ向き合っていきたい思いを日々強めています。
昨日浜松アカデミー20周年記念のコンサートを福岡で終え今東京の家でほっとしているところです。思えば初めて浜松アカデミーを受けたのは高校生の時でしたがあの時の衝撃は確実に今に続いていると思います。その時からお世話になっているスタッフの方々、そして素晴らしいピアニストの方達と4台ピアノという豪華な企画で共演させて頂き、昨日はまさに天にも昇る心地でした。ちなみにソロはベートーヴェンソナタ第26番告別とシューマン=リストの献呈でした。
次の本番は大学の教員コンサートです。客席がほぼ全員音楽関係者という、、、うん、、そういう舞台です。
また近々ご報告致しますね。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
GetThumbForList3.jpg




GetThumbForList2.jpg
 



    00:31 | Top

今後の演奏予定など

あっという間に二ヶ月が経ってしまいました。
学生さん達が勉強している曲を、一緒に楽譜を見て感じて考えて、、、。一人で自分の曲を勉強していた時より関わっている曲の数がぐっと増え、充実した日々を送っています。演奏から、この子はこういう性格なのかな?どういう学生生活過ごしたいのかな?と想像し、私に何ができるか考えながら送るという日々も新鮮です。
一方で、自身のレパートリーのみに集中できる時間というのが限られてきたのですが、そこは根性ですかね。それをやっている先生、先輩方が周りにたくさんいらっしゃるのが心強いです。そして心の底から尊敬です。

さて4月末にラフォルジュルネのエリアイベントで演奏させて頂き、その写真をブログにどうぞと主催の方が親切に送ってくださっていたにも関わらず、ブログの更新をサボり続けていた状態でした。もはや遠い昔となってしまいましたが、記念に写真を載せておきたいと思います。関係者の皆様、そしていらしてくださった方々ありがとうございました。
そして写真の後に今後の演奏予定をお知らせさせて頂きます。
お時間ございましたら、どうぞいらしてください。(詳細未定のものはお日にちチェック!をお願いします笑)日本での演奏活動、ソロに限らず室内楽にも精力的に取り組んでいきたい所存でございますので、演奏のご依頼もお待ちしております😝😝

11186255_903192336389423_5227599_n.jpg

11121671_903192339722756_1261668261_n.jpg



演奏予定
◆2015年6月20日(土)20:00開演 リサイタル @チューリッヒ 
 アッティヴォミューッジックフェスティバル 
 http://piano-attivo.net

◆2015年7月22日(水) 夏休みトークコンサート @東京 北とぴあつつじホール
 http://www.piano.or.jp/concert/talkconcert/festa/vol04/
 第3部 16:00-17:00の部に出演致します。

◆2015年8月7日(金) 仲田みずほピアノリサイタル @浜松 かじまちホール
 詳細は近日中にお知らせします。

◆2015年9月26日(土)16:00 ピアノコンサート @福岡 アクロス福岡シンフォニーホール
 詳細は近日中にお知らせします。

◆2015年10月10日(土)ピアノコンサート @東京 東京音楽大学内

◆2015年11月6日(金)19:00開演  ユーフォニアシリーズ vol.3 @静岡 しずぎんホール ユーフォニア
http://www.shizukyo.or.jp/concert/con_20151106.html
 プログラム
・モーツァルト/歌劇「フィガロの結婚」序曲
・ショパン/ピアノ協奏曲第2番
・ドビュッシー/小組曲
・プロコフィエフ/交響曲第1番“古典”
【指揮】篠崎靖男
【ピアノ】仲田みずほ

◆2015年11月25日(水)新進芸術家海外研修員コンサート @東京オペラシティリサイタルホール
 詳細未定
    00:09 | Top

4年ぶりの桜

DSCN4198.jpg

この3月、感情的な面で人生で一番激しい月だったような。そんな気がしてます。
音楽的にも様々なイベントが詰め込んであり、その合間に頻繁に訪れる心動かされる出来事に一々涙がでてきた日々でした。スイスでのマスタークラスから始まった3月は、ドイツはオクセンハウゼンでのVIP樣方を相手にしたコンサート、パリでの50分ステージ、チューリッヒの友人達が時間を割いて企画してくれた私のお別れコンサートなどあっという間に過ぎて行きました。お別れコンサートは前々から憧れてたラフマニノフのトリオ2番に取り組みました。
誕生日には友人からのケーキサプライズ演出でほろり、門下のお別れ会でも皆からのプレゼントにまた感動してほろり、教えてきた生徒とのお別れや、お別れコンサートでのサプライズ演出も心が温まり、そんなこんなが重なって最後は感情がなかなかコントロールできないほどでした。

日本の生活もとても楽しみにしていた(いる)のですが、チューリッヒで出会った人達の温かさから一旦離れる事がものすごく一大事に思え、感傷的になってしまいました。でもそれはそれだけ人に恵まれた幸せな時間だったという事だと思います。
ルガーノでの1年と、チューリッヒでの3年半、新たな価値観をたくさん得て、この4年半での経験が今の自分の半分を形成している気さえします。
この留学生活を支えてくださった、両親をはじめとするたくさんの方々に本当に感謝しています。


早速東京で荷解き作業をし、これからの仕事&本番の準備をしています。
6月にはチューリッヒで、8月に浜松でリサイタルがあります。また詳細をここにご案内させて頂きます。
留学生活が終わったというのではなく、拠点を東京に移したと捉え、常に学びの姿勢を忘れず、目の前の音楽に没頭していきたいと思います。
皆様、これからもどうぞよろしくお願い致します。
    14:33 | Top

チェコ ト リギ ナド

あっと言う間に2月も終わってしまいました。
2月もなかなか盛りだくさんで、今は南アメリカに引っ越された、2年前に私がお世話になっていた先生がスイスにいらしていて、その先生との再会から始まりました。会った瞬間の熱いハグに思わず泣きました。(最近涙腺激ヨワのアラサーです)
留学1年目の行き詰まってたルガーノ生活から救ってくださった先生。
久々にお会いしていろいろとお話し、演奏も聴いて頂いて、これからのアドバイスも頂き、ほっこりほっこりしました。
私は留学中に3人の先生にお世話になりましたが、どの先生も違った価値観、音楽観を持ち、それら全てが私にいろんな表現の(そして人生の)引き出しを与えてくれ、また自分の求めるものをより深く考えるきっかけになりました。
そして共通して皆さん今も演奏活動されていて、それと同時に(これがすごいと思うのだ)生徒へ並々ならぬ愛情を注いでくださり、尽きない音楽への探求心を持つ先輩でいてくださりました。
・・・だからこそ私もそんな音楽家の一人になりたいと夢見られるのですな。

第2週はチェコ!でプロコフィエフのピアノ協奏曲3番初出し本番。
正直、この曲の3楽章の練習は老いとの戦いであった気がします。笑 若いうちからやっとけばそんなことないのかもしれませんが、なにせアラサー、楽譜が完全に身体に入ってくるまで頭の中がとっても忙しかったです。
実際にチェコに入ってからは、温かな雰囲気と、最初からたっぷりとリハーサルのあるスケジュールの中で、指揮者やオケの方々とも良いコンタクトが取れ、非常に充実した滞在でした。一言で、もんのすごく楽しかった!です。
11040362_1575584116022544_1790802900_n.jpg
演奏中

DSC_0705.jpg
花束もらって

DSC_0708.jpg
ありがとうございました。
プラハで行ったスメタナ博物館にあったピアノを弾かせてもらった時間も貴重でした。スメタナのピアノ曲は今まで弾いた事はないのですが(汗)、作曲家が当時いた部屋で、その空気感、音の響きを体験すると、よりその作曲家に近づけた気になるのです。あ、チェコではたくさんペトロフ(チェコのピアノメーカー)のピアノを見ました。

そしてそして、ミズホが帰国する前に!と言って遠路はるばる来てくれた母と、スイスのリギ山日帰り旅行。これはもう圧巻でした。スイスすげーってなりました。
DSCN4231.jpg

DSCN4248.jpg


それから最後に、2月はチューリッヒオペラでのニナ・シュテンメが歌うイゾルデと、シュトラウス『ナクソス島のアリアドネ』の二幕のオケの美しさに、非常に感動しました。泣きました。(涙腺ヨワいアラs・・・)

3月もいろんな楽しみなイベントが待っています。まずはドイツはオクセンハウゼンのコンサートが成功しますように。
ではまた。
    19:24 | Top
Welcome..

♪

ピアニスト仲田みずほのブログです。
静岡県西伊豆町の豊かな自然の中で(完全野生児でした)ピアノを弾き続け、高校から東京へ。
その後はルガーノとチューリッヒ(スイス)で計4年半の留学生活を過ごし、2015年3月完全帰国。
現在は東京を拠点に活動中。東京音大講師。
どんな時も音楽と共に!

Official weblog by Mizuho Nakada
→Biography(English)
→プロフィールはこちら

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
鍵つけてますが、お気軽にフォローしてください。ミズホのドタバタ日常をそこそこ頻繁に呟いてます。






















↑to send a message,please click this button!

もくじ
RSSフィード
いろいろ
See you(*^_^*)♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。