ミズホ日記

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

盛りだくさん1ヶ月

DSCN0242.jpg

皆さんこんにちは、お元気ですか?
チューリッヒでの生活ももうすぐ1ヶ月が経とうとしています。
ホームステイ状況には慣れたような、慣れてないような、、ですが、音出しも様子を見て弾かせてもらい、素晴らしい環境の中生活しています。
気兼ねなく弾くために、学校の朝練、夜練に行くようにしているのですが、朝練(単にその時間にグランドピアノで練習できるということです)の7:00-10:00というのが、朝激弱いナカダには死ぬほどきついです。。。笑
ドイツ語の授業、そして即興ジャズピアノのレッスンも始まり、久々に新しいことを始めている気がします。
ジャズは先生のパッと弾くお手本演奏がすごすぎて恐縮してしまい、しゅんとなってしまうので、ちょっと自らを鼓舞していかないといけませんが笑。まずはブルースから。ジャズとしての演奏だけでなく、近現代のピアノ曲の捉え方、それから即興できることが当然だったバロック&古典派時代のピアノ曲を弾く時の心持ち、などいろんな事に繋がってくるのではと思ってます。

そして5日にはチューリッヒ郊外でリサイタルをさせて頂きました。
とても素敵な空間で、チューリッヒでの勉強仲間や知り合って間もない方々も足を運んで下さり、感謝感謝の一日でした。
また、更にサプライズは、偶然かなり遅めに夏休みをとっていた両親がバケーションをかねて聴きにきてくれたことでした。彼らと一緒に過ごせたのは一日半でしたが、久々に家族と一緒に過ごす時間はとても温かくて幸せで、両親が帰った後はリサイタル後の疲れも手伝ってか、かなりのホームシックに襲われ、心折れました。笑
夜一人でお土産のウナギの佃煮とか、京都の夕子(八つ橋のチョコレートバージョン笑)食べたらそりゃ涙も出てきますって。あまりの美味しさに。。。え。嘘です。
そんなこんなで上の写真はリサイタル会場のステージでした。
454_DSC_0052_1.jpg
この写真は先週見に行ったショスタコーヴィチのオペラ「鼻」(写真はチューリッヒ歌劇場の公式サイトから借りてます。)
ショスタコーヴィチのオペラ自体初めて見たのですが、この写真からも想像できるように、もともとのゴーゴリ原作も奇想天外で、更にオペラの演出もおもしろくて、お笑いを見に行ったかのようでした。
ちなみにこのシーンは鼻がなくなった主役が、町中で自分の鼻が悠々と遊び歩いてるのを発見し、「君は君がいるべき住所を知ってるだろう?ほっぺとほっぺの間だろう?」みたいな説得をしているシーンです。

おかげ様で充実してます。皆様danke schoen.
    19:08 | Top
Welcome..

♪

ピアニスト仲田みずほのブログです。
静岡県西伊豆町の豊かな自然の中で(完全野生児でした)ピアノを弾き続け、高校から東京へ。
その後はルガーノとチューリッヒ(スイス)で計4年半の留学生活を過ごし、2015年3月完全帰国。
現在は東京を拠点に活動中。東京音大講師。
どんな時も音楽と共に!

Official weblog by Mizuho Nakada
→Biography(English)
→プロフィールはこちら

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
鍵つけてますが、お気軽にフォローしてください。ミズホのドタバタ日常をそこそこ頻繁に呟いてます。






















↑to send a message,please click this button!

もくじ
RSSフィード
いろいろ
See you(*^_^*)♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。