ミズホ日記

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

もう5月。

1.jpg

皆さんこんにちは、またご無沙汰してしまいました。
いろいろ盛りだくさんに過ごしています。
今日は論文&音楽知識に関する口頭試験50分があり、わりと憂鬱でしたが、なんとか無事に終わりました。
私の前に試験を受けていたイケイケの金髪兄ちゃんが、自分が終わって点数も良かったようで、これ以上になく晴々した顔で、
「君ナーバスなのかい?ププ」と話しかけてきたので「ナーバスもなにもドイツ語が心配なの」と言うと、
「そこ??マジかよーウヘーどんだけ論外なんだよ」みたいに笑われ(意訳です)、私が50分口頭試験が終わって部屋を出るとドアの前で待ち構えていて(何やってたんだ)「で、どうだったんだい、ドイツ語ができないって審査員に言ったのかい、ふっ。で、論文は何点だったんだい?あぁ想像してたより悪くないね。へんっ」そう言って去っていきました。
海外生活にも慣れてきた最近ですが、こうやってひょいっとハリーポッターに出てくるマルフォイそのまんまみたいな人に会うと、世の中いろんな人がいておもしろいなぁと思います。自分の心を全っっく包み隠さずに生きていて、もはや清々しい気さえします。笑

ブログのブランクの間、素敵な演奏会にもたくさん行きました。書き出すとキリがありませんが、
最近ではブラームスのクインテット仲間に誘われて行った古楽のpodium(校内の演奏会)が感動しました。中でも友人(と言うべきか先輩と言うべきか)のチェロが絶品で、途中からチェロの楽器自体が自分から歌いだしてるように聴こえてきて、オーチンハラショー。ブラボー。聴き惚れました。
それからこちらに来てから知った、チューリッヒを拠点に活動しているガラテアカルテットの演奏会も相変わらず素晴らしかったです。初めて聴いた時、室内楽ってこういうものだったのかと衝撃を受け、以来大ファンです。小さなスペースでも演奏してくださるので、全ての音が聴こえてきて、時々息を止めて聴いてしまうほど。
ソコロフの演奏会も圧巻でしたし、「真夏の夜の夢」のバレエも幸せだったし、スイスの英雄が題材のロッシーニのオペラ「ウィリアムテル」ではスイス人の愛国心を目の当たりにしていろいろ考えさせられたし、うーん、贅沢ですね。
自分の練習はどうなんだよ、と誰もが突っ込みたい流れだと思います。
頑張ります。笑
最後に、こんな記事発見したので貼っておきます。ピアノを弾いてるのが私です。(ルガーノ時代なので記事はイタリア語)
luano.jpg 
それではまた。
スポンサーサイト
    05:01 | Top
Welcome..

♪

ピアニスト仲田みずほのブログです。
静岡県西伊豆町の豊かな自然の中で(完全野生児でした)ピアノを弾き続け、高校から東京へ。
その後はルガーノとチューリッヒ(スイス)で計4年半の留学生活を過ごし、2015年3月完全帰国。
現在は東京を拠点に活動中。東京音大講師。
どんな時も音楽と共に!

Official weblog by Mizuho Nakada
→Biography(English)
→プロフィールはこちら

Twitterボタン
Twitterブログパーツ
鍵つけてますが、お気軽にフォローしてください。ミズホのドタバタ日常をそこそこ頻繁に呟いてます。






















↑to send a message,please click this button!

もくじ
RSSフィード
いろいろ
See you(*^_^*)♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。